2013年10月13日

がんばってます小樽

IMAG1241.jpgIMAG1242.jpg
小樽についたのが11時。
ここで朝ごはんに、大将のおまかせ握りを選択。
えんがわ1貫630円とかいうセレブな店で旅の贅沢のし納めです。
1貫ずつ出てくるシステムなんで
まとめて写真撮ってから食べるのも野暮かなと思って、ここは写真撮ってませんがもれなく美味しかったでーす。

それはそうと小樽の町並みですよ。
運河近くの主要道路沿いは
観光客向けのお店がずらっとならんでいて
割りと歩きやすい平地なんですが、
一歩内側に入ると細い路地を挟んで民家がわりとぎゅうぎゅうに建てられています。
一件ずつ見ても余裕があまり感じられないおうちが多目
(もちろん余裕のありそうなおうちもあります)
そして道の舗装状況がよくない。
さらにアップダウンが激しい。
小樽でナビ検索してお店に向かおうとすると、そういう小道を見つけて通らせようとするので
そのたびに
「あ"うあ"うあう"あ"うあ"」
ってな感じでがくがくします。

一方函館の民家は、観光地の異国情緒溢れた分をうまいこと継承してて
全体的になんかオサレ。
道が広め。
坂の上だけど、気持ちサンフランシスコ風。

同じ観光地だけどえらい違うように見えるのは歴史のせいかなあ。
といいつつここでは資料館とか全く見なかったので比べられないのですが。

お土産屋はルタオが幅をきかせすぎw
六花亭は品数増えたなーって
なんか感慨深いです。
前来たときはドライイチゴのホワイトチョコがけとバターサンドくらいしかなかったのに。
あずきソフトが美味しゅうございました。
念願のじゃがポックルも手に入れて
思い残すことはもうありません。
posted by かのん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377417161

この記事へのトラックバック